おすすめの通学時の防犯グッズの探し方

こどもが小学校へ入学し、親がいない通学が始まり、心配している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。こどもに対する犯罪も増え、保護者としては、毎日学校へ送り出し、帰宅するまでの間ひやひやした毎日を過ごしていることでしょう。今回はそんな方に対しておススメの通学時に使える防犯グッズについてご紹介していきます。通学時の防犯グッズですが、折角であればかわいいものを持たせてあげたいのが親心ですよね。かわいい防犯グッズを探すコツとしてはインターネットで探すことがおススメです。お店へ足を運んでみても、意外と防犯グッズの品揃えが少なく、かわいいと感じるものがすくないということが現状ですが、インターネットで検索して出てくる防犯ブザーには大人がもっていてもかわいいと思えるものも多数ありますよ。

通学時の防犯グッズ「防犯ブザー」のメリットとデメリット

通学時の防犯グッズで1番人気なのが防犯ブザーです。ランドセルやカバンへつけて、ボタンや紐を押したり引っ張ったりすることで大きな音が鳴り、周囲に異変を知らせてくれます。防犯ブザーのメリットとしては、3つあります。1つ目は持っていることで犯罪の抑止力になること。2つ目は気軽にかばんに付けることができること。3つ目は使い方が簡単ということです。反対に防犯ブザーのデメリットを3つご紹介します。1つ目は音を出し、遊ぶ子もいるため、本当に危険を知らせているのか不明なことがあることです。2つ目は子供の力で、音を止めることが不可能なものがあることです。3つ目は誤作動を起こすと近所迷惑になることです。防犯ブザーは手軽な反面、選び方を間違えてしまうと、他人に迷惑をかけてしまうことがあるため、注意が必要です。

通学時防犯グッズ「こども用携帯・GPS」のメリットデメリット

通学時の防犯グッズで2番目に人気なのが子供用携帯・GPSです。GPSによってこどもの現在地が一目でわかります。こども用携帯・GPSのメリットの3つを紹介します。1つ目はこどもが持っているだけで親がこどもの居場所を確認できることです。2つ目はカバンやランドセルに入れるだけのため、気軽に利用できることです。3つ目は電話やメールの機能でこどもと連絡が取れることです。次にデメリットを3つ紹介します。1つ目は見た目ではわかりづらいため、犯罪の抑止力にならないことです。2つ目は月額料金が必要なものもあることです。3つ目は携帯を禁止としている学校が多いことです。GPSはこどもの現在地を知り、迎えに行くときには大変便利ですが、犯罪を事前に防ぐことはできません。しかし、こどもと連絡がとれるのは親として安心できますよね。ご家庭に合った防犯グッズをぜひ探してみてください。