通学用の防犯グッズの選び方と買い方

お子さんの通学中に連れ去りを心配している保護者の方はとても多いでしょう。安全が確認された通学路とはいえ、必ずしも安全だとは言いきれません。塾や習い事の関係で、明るいうちに帰宅できないこともあるでしょう。犯罪が起こる危険性がある場所は、いくつか特徴が見られます。見通しが悪かったり、人通りが少なかったり、不特定多数の人が通行や出入りをする場所だったりします。通学路は安全性が確保されているから決められていると思い込むのは危険なことです。長期休暇の間に草などが伸びて見通しが悪くなることがあります。新しいお店が出来て、街を行く人の流れが変わるということも少なくありません。お子さんの通学路を確かめて、安全性に不安がある時は注意を喚起すべきです。保護者も通学路の安全に努めて、防犯対策に積極的に関わりましょう。

通学時に保護者が行える防犯対策

お子さんの通学時に保護者の方が行える防犯対策にはどんなものがあるのでしょうか。登下校を一人で行わないようにするということは、最も気を配らなければならないことです。入学してしばらくは、保護者の方や先生がお子さんと一緒に歩きますが、卒業まで毎日それを行うことは不可能です。一人で下校しないことをお子さんと話し合わなければなりません。近所に同級生がいるなら、できるだけ一緒に下校することを保護者の方同士で話し合っておくのも1つの方法です。お子さんが怖いと思った時、困った時、どうしたら良いか分からない時に逃げられる場所を教えておきましょう。こども110番の家は、お子さんを保護して警察への連絡を行ってくれるので、お子さんと一緒に通学路を歩いてしっかり確認しておく必要があります。

お子さんの通学時の安全を守る防犯グッズ

最近はお子さんをターゲットにした犯罪が増えています。連れ去りや傷害など、家を一歩出ると危険にさらされていると言っても過言ではないのです。そのような犯罪からお子さんを守るためにはどうしたら良いのでしょうか。そんな保護者の不安を解消する防犯グッズが、販売されています。防犯ブザーは、小学校の入学時にお子さんに無料で配る自治体も増えてきています。小さいお子さんでも簡単にブザーを押せるように作られていますので、本当に困った時は自分の身を守ってくれるものだというのを保護者の方がしっかりお子さんに教えておくことが必要です。各携帯電話会社から発売されているキッズ携帯は、GPS機能を使ってお子さんの居所を知ることができます。迷子になった時や通学時の際にお子さんがどこにいるかを確認できて便利です。