できるだけ部数をまとめてコミケに向けた印刷をする

業者をうまく選んで予算内でお願いをすること

コミックマーケット、いわゆるコミケに向けてオリジナルの同人誌を販売していきたいのであれば、どれだけの部数を印刷するつもりなのかをしっかりと決めて、その上で業者を選ぶことが大事です。ひとまず、予算を決めたら、業者を選ぶ必要があります。コストパフォーマンス的に問題のない業者を選べば、当然ながら予算内で済ませられる可能性が高くなってくるので、そこに注目しながら慎重に業者を選ぶようにしておきましょう。選ばれている業者が一体どこになるのかを見極めて、とにかく人気の高い業者にフォーカスをすることが大切です。インターネット上からなら人気ランキングサイトに目を向けて、そこで名前が見かけられる優秀な業者を調べてから、ホームページを確認するのがセオリーとなります。ホームページ上で、どれだけの部数をまとめてお願いすると、1部あたりの値段がリーズナブルになるのか、その辺も調べておきましょう。良心的な業者であれば、こちらのニーズと予算に合わせて合理的な料金で印刷をしてくれるので非常に便利だといえます。

まずは評判を先に確認するのがベスト

素人判断で適当に印刷業者を選ぶのではなく、少しでも部数あたりの値段を安い値段で済ませるために、経験者の話を参考にしながら業者をピックアップするのが良いでしょう。実際にコミケに向けて同人誌を作成してもらった人たちを探し、その人たちから話を聞かせてもらうのが得策です。身の回りで趣味が共通している人たちからオススメの業者を紹介してもらうのが1番手っ取り早いですが、そういった人たちがいないのであれば、インターネット上から全国規模で調べるのが無難だといえます。パソコンやスマートフォンのスイッチを入れれば、口コミ情報を特定のところから必ず確認できるようになるので、非常に効率よく優秀な業者をピックアップできるようになるでしょう。そこで頻繁に名前が見かけられる業者をチェックしてから、ホームページを確認するのが基本的な流れとなってきます。

タイミングを見計らって利用することが重要

部数あたりの値段がリーズナブルになるタイミングに関しては、それこそコミケのシーズンが近づいてくるにつれて多くなってくるはずです。業者によってタイミングが大きく異なってくるものの、やはりそのキャンペーンが行われているタイミングを調べておくことが大切だといえます。特定の業者のホームページを定期的に見て、プロモーション告知を見逃さないようにしておきましょう。発信されるメールマガジンの中身、そこに加えてSNSでの発信情報なども押さえておけば、必要な情報を集めた上でお得な業者をピックアップできるようになるはずです。